ずぼらなサラリーマンの資産運用

LUC888での稼ぎ方やバカラの成績、FXなど、主にほったらかしで稼げる投資の成績を公開します。

LUC888 フィフティーズハッカーロジック 31システム考察してみました

f:id:pemx:20200625230719j:plain

フィフティーズハッカーのロジック 31システム
他のベット方法と比べて安全なのか?勝てる確率は高いのか?を考察してみました!

 

 

 

当ブログからLUC888に登録して下さった方に
下記特典をお渡ししています!

《LUC888登録特典》
①バカラ無料配信グループご招待
②バカラ無料配信検証オープンチャットにご招待
③無料版バカラオートベットツール fifties hacker(フィフティーズハッカー) のオススメ設定と専用オープンチャット上記をお伝えしています。

LUC888登録後、『お問合せ』より【LUC888登録済】とご連絡下さい。 確認取れましたらご案内いたします。

 

f:id:pemx:20200521225250j:plain

 

31システムとは


31システムは、ベット方法を9回を1セットとして、その中で2連勝できれば利益が出るベット方法になります。

ベット方法は覚えてしまえば簡単で『1.1.1.2.2.4.4.8.8』と順番にベットしていき、1度勝ったったら次は倍ぼ金額をベット、負けた場合は左の金額をベットしていくベット方法です。

9連敗で損切になり、全部で31損切りになる事から31システムと呼ばれています。

損切金額が明確なので、資金管理しやすいというメリットがあります。

 

31システムのシュミレーション

  

ゲーム回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9
1ベット金額 10円 10円 10円 20円 20円 40円 40円 80円 80円
2ベット金額 20円 20円 20円 40円 40円 80円 80円 160円 160円
利益 +30円 +20円 +10円 +30円 +10円 +50円 +10円 +90円 +10円

 

1回目10円ベットで勝った場合は2ベット+20円をベット

負けた場合は左の列の1ベットの10円ベットと、勝ったら下へ、負けたら右へとベット金額が変わります。

9連敗で損切りになり、上記の表の場合は、9連敗で-310円になります。

このように31システムはベット金額と損切金額が明確で、資金管理しやすい方法になっています。

  

31システム確率


 バカラは『独立事象』なので、プレイヤーが出たから次にプレイヤーで出る確率が低くなくという事はありません。

 バンカーとプレイヤーの出る確率は50%です。

 

 ですが独立事象の説明はちょっと難しくなってしまいますので、ここでは独立事象ではなく確率だけ50%と考えて計算してみました。

あくまでも参考として見て下さい^^;

 下記が31システムの確率になります。
ベット回数9まで計算してみました。

f:id:pemx:20200625235420j:plain


バカラは勝率50%ですが、このロジックは2連勝が必要なので、50%の中の50%として、勝率25%と計算しました。
9回目のベットの非的中確率7.5084686279%でした!

100回ベットしたら7.5084686279回の確率で負けるという事です。
これだけだとほぼ負けない事はわかりますが、どのくらいの確率なのかよくわかりませんよね?

ちょっとわかりやすく計算してみます。

7.5084686279×1000=7508.4686
100×1000=100,000

 これで100,000回ベットすると7508回負ける確率という事になります。
(小数点以下は省略しました)


もう少しわかりやすくすると
7508÷7508=1
100,000÷7508=13.31912
(小数点以下省略)


上記の計算では13回に1回損切になる計算になります。
結構損切回数が多いですね。。

 

LUC888では1日約700回ベットするので

700÷13=53.8

1日で約53回損切になる計算になります。


上記の計算を参考にすると、このままロジックを使うのは利益が出るか不安になりますね。
以前紹介した『31システム&ダランベール』やLUC888登録特典で紹介している『31システム&ダランベール②』と組み合わせて稼働するのがオススメです!

 

 

 

お問合せ


f:id:pemx:20200521222547p:plain

《 お問合せ 》

質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
また、追加の参加者特典やバージョンアップなどありましたらLINEでお知らせしますのでぜひ登録お願いします。