ずぼらなサラリーマンの資産運用

LUC888での稼ぎ方やバカラの成績、FXなど、主にほったらかしで稼げる投資の成績を公開します。

LUC888 フィフティーズハッカー マーチンゲール法考察してみました

f:id:pemx:20200622204110j:plain


フィフティーズハッカーでマーチンゲール法をどう使うか?

何回のマーチンゲール法が自分の資金に合っているのか考察してみました!

 

 

 

当ブログからLUC888に登録して下さった方に

オススメのマーチンゲール法の設定の他下記特典をお渡ししています!

《LUC888登録特典》
①バカラ無料配信グループご招待
②バカラ無料配信検証オープンチャットにご招待
③無料版バカラオートベットツール fifties hacker(フィフティーズハッカー) のオススメ設定と専用オープンチャット上記をお伝えしています。

LUC888登録後、『お問合せ』より【LUC888登録済】とご連絡下さい。 確認取れましたらご案内いたします。

f:id:pemx:20200521225250j:plain

 

マーチンゲール法とは


 マーチンゲール法は、初回ベットから、勝つまでベット金額を倍賭けしていく方法です。
単純に倍賭けするだけなのでわかりやすくシンプルな方法です。

カジノだけではなくギャンブルや投資などでも使われていていますが、連敗時には大きな損失を被る場合もあります。

使用される場合にはリスクや見込み利益、資金管理方法をしっかり考えて利用しましょう。

 

マーチンゲール法のシュミレーション

  

ゲーム回数 1回目 2回目 3回目 4回目
ベット金額 100円 200円 400円 800円
勝敗 × × ×
利益 -100円 -300円 -700円 +100円

 

1回目100円ベットで負け-100円
2回目200円ベットで負け-300円
3回目400円ベットで負け-700円
4回目800円ベットで勝ち+100円

 

このようにマーチンゲール法は、何回負けても1回の勝ちで今までの負け分を取り戻すことができ、1回目のベット金額分プラスになるベット方法です。

 

  

マーチンゲール法確率


 バカラは『独立事象』なので、プレイヤーが出たから次にプレイヤーで出る確率が低くなくという事はありません。

 バンカーとプレイヤーの出る確率は50%です。

 

 ですが独立事象の説明はちょっと難しくなってしまいますので、ここでは独立事象ではなく確率だけ50%と考えて計算してみました。

あくまでも参考として見て下さい^^;

 下記がマーチンゲール法の確率になります。
ベット回数16回(マーチンゲール法15回)まで計算してみました。

f:id:pemx:20200622213608j:plain


16回目のベットの非的中確率0.0015258789%でした!

 

100回ベットしたら0.0015258789の確率で負けるという事です。
これだけだとほぼ負けない事はわかりますが、どのくらいの確率なのかよくわかりませんよね?

ちょっとわかりやすく計算してみます。

0.0015258789×1000000=1525.8789
100×1000000=100,000,000

 これで100,000,000回ベットすると1528回負ける確率という事になります。
(小数点以下は省略しました)


もう少しわかりやすくすると
1525÷1525=1
100,000,000÷1525=66573
(小数点以下省略)


これで66573回ベットすると1回損切りになる確率となります。

 

LUC888では1日約700回ベットするので

66573÷700=95.1

約95日に1回の割合で損切になる可能性があります。
約3か月に1回の割合ですね

 

フィフティーズハッカーでは、ポイントレート1でマーチンゲール法で稼働した場合、1日の利益は約2000GC程です。

上記の計算を参考に、自分の資金と損切の確率、1日の利益を考慮して何回までのマーチンゲール法が自分に合っているかぜひ考えてみて下さい。

 

 

 

 

お問合せ


f:id:pemx:20200521222547p:plain

《 お問合せ 》

質問・お問い合わせはこちらからお願いします。
また、追加の参加者特典やバージョンアップなどありましたらLINEでお知らせしますのでぜひ登録お願いします。